HC SHARINGとは?

ABOUT

自分の車で走るより、
ずっと安く走れる?!

一般的に「ハードルが高い」と思われがちなサーキット走行。
もっと気軽にサーキットを走っていただきたいという思いで、サーキット専用のカーシェアリングをスタートしました。

最初は、車も不要、ヘルメットも、グローブも不要、体一つで気軽にスポーツ走行をはじめてみてください。

車両は、レースでも十分表彰台を狙えるレベルに仕上げてあります。
いつかは、レースへのチャレンジも……
そんな思いを、応援いたします!!

  • サーキット走行はしてみたいけど、自分の車ではサーキットを走りたくない!
  • サーキットを走りたい!けど、走れる車がない!
  • サーキットを走る用の車を買うのはちょっとハードルが高い!
お待たせしました!

月々3,300(税込)
でシェアできる
究極にハードルの低い
サーキット車両を
ご用意しました。

※当サービスは年間契約制です。
ご利用開始より1年間は解約する事ができません。ご了承ください。

初心者にも乗りやすい!上級者のドラテク向上にもピッタリの『オートマ』がメインです。
もちろん、パドルシフト付きのセミオートマ!

「え?86なのにオートマ?」
はい。いままで約100名の初心者の皆様&サーキット経験者の皆様に貸し出しをしたところ、
実はオートマのほうが好評でした。

サーキットをマニュアルで走れる大枠の目安は、
町中走行で3万キロ程度の経験+富士ショートや筑波1000などの
ミニサーキットでの細かいシフトチェンジのトレーニングを積んでいることが目安です。

正直な話、『峠道をスムーズにマニュアルで走れる=サーキットをマニュアルで走れる』
にはならないのです。

特に富士のレーシングコースのようなハイスピードコースでは、
シフトチェンジにもたついてニュートラルになった状態で姿勢を崩してクラッシュしたり、
ハイスピードからのフルブレーキングで、
ヒール&トゥに集中しすぎてブレーキが疎かになったり、
うっかり高いスピードのまま低速ギアにぶちこんでエンジンブローさせたり。
どれも、1回のうっかりで修理代100万円コースです。

富士のレーシングコースは、オートマでも十分に楽しめる&突き詰めるのが本当に難しいコースです。
オートマで2分15秒の壁をコンスタントに切れるようになったらご相談ください。
マニュアルへのステップアップもご案内いたします。

焦らず、ステップバイステップで
成長していきましょう!

例えば、
こんな使い方!

別団体主催の駐車場開催のトレーニングに参加!

丸一日、プロから学んで、タイヤを使い倒して63000円!

ワンスマの広場トレーニングに参加する場合・・・

ワンスマトレーニング参加費用42,000円
シェアリング整備費用18,000円
保険費用3,000円
ガソリン代実費

別団体主催の走行会に参加!

1時間走り倒して、タイヤを使い倒して63,500円!

走行会参加費用25,000円(1時間走行会の平均値)
シェアリング整備費用32,000円
保険費用6,500円

富士スピードウェイのスポーツ走行枠で練習!

30分、ガッツリ走って26,700円!

FSW走行費用(30分枠)6,700円(※2022年1月現在)
シェアリング整備費用18,000円
シェアリング整備費用17,000円
保険費用3,000円

何より、自分の車でサーキットを走る場合に比べて・・・

帰りの心配がない!
&準備・片付けが
とっても楽!

というのがプライスレスです。